壁掛け鉄道模型コレクションケース|Nゲージ、HOゲージ、親子鉄(父子旅)ブログ・鉄道グッズ

018-853-7216

好きな写真と模型の組み合わせで無限の世界

 ◆キット内容◆



フレキシブルレール・・・1本
シーナリーバラスト(ブラウン)・・・1袋
パウダー(ブラウン・グリーンMIX)・・・1袋
スポイト・・・1本
ウォータースプレー・・・1本
小皿・・・1枚
筆・・・1本
木工ボンド・・・1個

 ◆他にあると便利な道具◆

ボンド水を作るためのポンプ・・・100円ショップで入手可
茶こし・・・パウダーを振りかけるのに使います
カラースプレー(茶色系)・・・線路を敷設し、バラストを敷いた後に吹きつけるとさらに質感がアップします
マッドメディウム・・・パウダーを振りかける際の接着剤として(木工ボンドでも構いません)

 ◆かんたんなジオラマの作り方

制作キットの内容
(1)レールを敷設します
フレキシブルレールの裏面に木工ボンドを塗り、線路を敷設します

制作キットの内容
(2)バラストを撒く
スプーンや指でバラストを撒き、筆で整えます。
その後でウォータースプレーでたっぷりと水を吹き、ボンド水をスポイトでたらします。

制作キットの内容
(3)パウダーで大まかに完成
約1日置き、バラストが固まったら今度はパウダーを撒きます。
まずは接着したいところにマッドメディウムを塗ります(マッドメディウムは3倍の水で薄めて使用)。なければ木工ボンドを薄めて使ってください。

制作キットの内容
線路の上に紙などで覆いをかけて、茶こしにパウダーをいれ、上から振りかけます。


制作キットの内容
(4)細部の仕上げ
また1日置き乾いたら、逆さにして定着していないパウダーを落とします。その際、隙間があいたり不自然な部分ができたら再度パウダーをまくなどして穴埋めをして自然のように仕上げます。


制作キットの内容
(5)グレードアップ
さらにこだわるとすれば架線柱を立てたり、線路際に季節の木々などを立てるとよりリアルに仕上がります。

 ◆もしうまくいかないなと感じたら・・・

 パウダーを撒いた部分は水で洗い流すことができます。
 もしうまくいっていないなと思ったら水道で洗い流して、もう一度手順をやり直してください。
 バラストは一度固まるとなかなか取れないので、金たわしなどでこすってはがしてください。



親子鉄・父子旅について

こちらもご覧ください

秋田を走る列車ガイド

ページの先頭へ戻る

お問い合わせサイトマップ特定商取引法に基づく表記プライバシーポリシー

あきたこまちネットの関連サイト:米通販あきたこまちネット秋田県観光ガイド結婚式両親プレゼント
起業失敗しないためのアドバイス秋田でアンガーマネジメント・イクメン・イクボス研修東北・山形・上越新幹線と在来線空席情報